歯科衛生学科では、次のような能力を身につけ、かつ所定の卒業要件を修得することにより、歯科衛生士国家試験受験資格を取得することができます。

  1. 医療人として、相手の特性や状態を理解して、歯科衛生士としての業務を的確に遂行できる。
  2. 個人、集団および地域におけるロ腔保健に関する課題に対して、ライフステージおよび健康レベルに応じた支援ができる。
  3. 生涯を通じて学習する姿勢をもち、歯科衛生士として成長し続ける意欲を持つことができる。

ページの先頭へ