歯科衛生学科

歯科衛生学科では、医療人である歯科衛生士として必要な能力の習得を図るために、次のようなカリキュラムを編成しています。

  1. 歯科衛生士国家試験受験資格の取得を図るために、社会人、特に医療人に求められる学力を養成するための基礎教育科目と、歯科衛生士である職業人を養成するための専門教育科目を設置する。
  2. 学修にあたっては順次性を考慮して体系的な教育課程を編成し、専門的知識や技能が習得しやすいように科目を配置する。
  3. 基礎教育科目は主として基礎分野での幅広い教養と思考力を培うための科目を設置し、専門教育科目はすべて必修科目として科目を設置する。
  4. 専門教育科目は、基礎分野系は歯科衛生士に必要な基礎歯科医学を、臨床歯科分野系は歯と口腔の構造と機能、疾病の成り立ちと回復過程の促進、および歯・ロ腔の健康と予防に関する科目を設置する。
  5. 臨床・臨地実習は歯科衛生士としての資質・能力の向上に寄与する実践科目として配置し、学生が履修しやすいように指導の充実を図り、キャリア教育を取り入れた内容とする。

専攻科

専攻科では卒業認定・学位授与(DP)に掲げた能力を修得するために、口腔保健学士として必要な、 口腔保健・歯科医療の知識、技能、態度を、以下のような教育内容と方法を取り入れた授業を実施し、教育評価を行います。

【教育内容】

  1. 専攻科目の講義、実習科目などを通して、恩容な心で他者の心情と行動を理解した倫理観を学ぶ。さらに、多様な職種の人々と協働することができるチーム医療人としてのコミュニケーション能力を臨床実習の実践で活かし、リーダーシップ能力を修得する。
  2. 口腔保健学の役割を修得するため、専攻科目にA群(講義・演習科目)とB群(実習科目)、関連科目、専攻に係る科目として洋書講読を設置する。さらに、専攻研究として独立行政法人大学改革支援・学位授与機構に提出する論文作成により科学的探究心と問題解決能力、生涯学習能力、自己決定能力を修得する。
  3. 口腔保健学の専攻研究科目で修得した高度な専門的知識と技能を学内外での学修発表を実践し、研究者、教育者、臨床家としての能力を修得する。

【教育方法】

  1. シラバスに到達目標、授業計画、予習、復習、成績評価方法を明確に示すとともに主体的、能動的に学修することを奨励し、学修成果の振り返りを実施する。
  2. 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の規定に基づき、研究論文の作成を図る。
  3. 専任教員の論文指導によるサポート体制を活用し、学生が自発的に学修できる環境の充実に努める。
  4. 臨床実習科目において、医科・歯科連携、多職種連携などによるチーム医療体験の実施と歯科衛生士の資格を活かした患者実習体験を行い、細やかな支援を実施する。

【教育評価】

  1. GPA制度を活用し、教育の点検・評価・改善を行う。
  2. 各科目のシラバスに定める到達目標に応じた学修成果を多面的に評価する。

ページの先頭へ