コンセプト

学びのコンセプト

学びのコンセプト

専門的な技術や知識をベースに、医療人として求められる豊かな人間性も養成し、次代の歯科医療を支えられるスペシャリストを育成。

今までの医療は、病気に対する治療が中心でしたが、近年では予防処置や健康維持にも重点が置かれるようになってきています。歯科医療分野でその大切な役割を担っているのが、歯科衛生士なのです。

このような時代の変化に応えられる歯科衛生士を育てるため、本学は短期大学部による3年制の教育体制を設備。専門学校で培った40年余りの教育実績と、歯学部・薬学部とも連携して、次代の歯科衛生士に求められる専門的な技術や知識を養います。

また、医療人として不可欠な人間性やコミュニケーション能力などを育むことも重視。歯学部附属病院で行われる専門科ごとの臨床実習や、歯科臨床に特化した英語学習など、特徴あふれるカリキュラムを用意し、これからの歯科医療を支える口腔ケアの専門家を育成します。

理想的な歯科衛生士像

本学が考える理想的な歯科衛生士像は、8つのチカラを備えた人物です。歯科衛生士としての専門ノウハウはもちろんのこと、医療人としての自覚や人としての感性、思いやりの心などを育んでいきます。

高度な臨床能力
適切かつ高度な予防・治療を施すチカラ
語学力
英語による患者の接遇臨床を行うチカラ
福祉の精神
人類の健康を福祉・文化の発展に貢献するチカラ
国際感覚
疾病の予防・治療において国際的に活動するチカラ
学問的根拠
基礎的な知識を実務に応用するチカラ
倫理観
医療人としての責務をまっとうするチカラ
問題発見・解決力
自ら問題を見つけ創意工夫して解決するチカラ
向上心
つねに学ぶ姿勢を持って取り組むチカラ

特 徴

豊富な臨床実習

豊富な臨床実習

歯学部附属病院や開業医院で実践的な学習を展開。
本学科のカリキュラムにおける最大の特徴は、充実した臨床実習です。2年生後期から6週間にわたって臨床予備実習を実施し、その後、本学歯学部附属病院の口腔衛生科や小児歯科など9科を舞台に、1年間かけて臨床を実践的に学びます。

また実際に開業している歯科医院も実習の場として利用。さまざまな環境や現場の歯科衛生士・歯科医師のもとで、豊富な臨床現場を経験し、幅広い技術や知識、理念などを身につけます。

Picking smiling  犬飼順子 愛知学院大学短期大学部 歯科衛生学科教授
最先端の歯科医療に触れながらコミュニケーション能力や知識・技術を得ることができます。
本学歯科部附属病院には、歯科医療のスペシャリストが揃っています。学生のうちから最先端の技術や知識に触れることができるから、とても恵まれた環境だと思いますね。また、附属病院は年間で20万人の来院実績がありますから、さまざまな患者さんに接することができることも、本学科の臨床実習の特徴のひとつ。歯科衛生士に不可欠な、コミュニケーション能力や幅広い知識や技術を身につけることができるので、卒業後すぐに活躍できるはずですよ。

自主性を養うワークショップ

ワークショップ

チーム医療を意識したグループ学習を実施。
学生が主体となり、ひとつのテーマについて調査や分析を行う学習スタイルを、ワークショップといいます。学生自身が考え、グループ内で議論をすることで、コミュニケーション能力や自主性、問題発見・解決力を養います。また、学習結果はクラス全員が発表するため、プレゼンテーション能力も身についていきます。患者の立場になって考えたり、医師へ意見を述べたりなど、チーム医療に必要な能力を育みます。

Picking smiling  愛知学院大学短期大学部 歯科衛生学科2年
活発なディスカッションを通して、コミュニケーション能力が身につきました。
日頃から「医師と患者さんの間で意思の疎通を図ることも歯科衛生士の大切な仕事」と教えられているので、ワークショップには力が入りましたね。自分の考えを正確に伝えないといけないし、他のメンバーの意見も尊重しないといけないので、チーム医療に不可欠なコミュニケーション能力を養う練習になっているのを実感。それに、いろんな人の意見を聞けたこともいい経験になりましたね。自分とは違った考えに触れることができ、視野が広がりました。

医療現場で役立つ英語学習

外国人患者にも対応できる生きた英語を学習。
日本で生活する外国人の増加に伴い、歯科医院の外国人患者も増えてきてます。英語のできる歯科衛生士の需要が年々高まっていることを受け、本学科では英語学習にも力を入れています。1年次は日常英会話、2年次は歯科の診療に関する専門用語や臨床英会話を学習。ネイティブスピーカーや、海外の歯科医療を熟知した歯科医師のもとで、国際的なコミュニケーション能力や、現場で役立つ英語力を学びます。

Picking smiling  愛知学院大学短期大学部 歯科衛生学科2年
外国人の患者さんも安心できるように日常会話から専門用語まで幅広く学んでいます。
高校生のときに、1年間カナダへ留学していた経験を活かして、英語でコミュニケーションをとれる歯科衛生士になりたいと思っています。この大学を選んだのも、英語のカリキュラムが充実していたから。1年次は日常英会話中心だったのですが、講義のほとんどが英語なので、自然と留学をしていたときの感覚に戻れましたね。それをベースに、2年次からは専門的な英会話の勉強がスタート。自分の目標に一歩一歩近づいているのが分かるので、楽しいですね。
シラバスはこちら

ページの先頭へ