歯科衛生士は、国民の皆さんのお口の健康を守るために、しいては健康な体を維持するため、重要な役割を担っている。また歯科医師を助け歯科の予防から治療まで、口腔のあらゆるケアを行うスペシャリストとして活躍を期待されています。

業務は主に3つ。

  1. 歯周病やう蝕(むし歯)の予防処置
  2. 歯科の疾患予防のためのブラッシング指導や食生活などの生活習慣に対するアドバイスを行う歯科保健指導
  3. 歯科医師の治療を助ける歯科診療の補助

です。

歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには

国家試験の合格を力強くサポートしています。

歯科衛生士は国家資格を必要とする専門職です。本学科はすべての学生が資格を取得できるように、過去問題の徹底研究や模擬テストなど、国家試験の合格をめざしたきめ細かな対策を取り入れています。さらに、3年次にはチューター制度により一人ひとりの成長に応じた個別指導を展開。確かな学力と自信を養えるように、教職員が一体となってサポートし、その結果、2018年度の本学科現役学生の合格率は99%を誇っています。

歯科衛生士国家試験合格者数(2018年度)
受験者数 103名
合格者数 102名
合格率 99%

卒業と同時に取得可能な主な資格

歯科衛生士国家試験受験資格

ページの先頭へ