緊急を要する場合

意識がない・呼吸が著しく困難・大出血・けいれんしているなど、状態が悪く搬送が困難な場合

  1. 救急車119番に通報し、現場所在地・通報者の氏名・本人の病状を簡潔に伝え、救急車を要請する。
  2. 短期大学部事務室と保健室へ連絡する。
    (短期大学部事務室・保健室開室時間  8:30~17:30 平日のみ)
  3. 正門守衛室へ連絡し、救急車を要請した旨を伝え、現場までの救急車の誘導を依頼する。

比較的緊急性が低い場合

上記のような症状がみられない場合

  1. 保健室へ連絡し、指示を受ける。
  2. 保健室の開室時間外の場合は保護者に連絡し、迎えに来てもらう。または近医を受診する。病院がわからない場合は下記の救急医療情報センター(24時間体制)に連絡し、状態に合った病院を紹介してもらい受診する。
愛知県救急医療情報センター (052)263-1133

ページの先頭へ