進路について

歯科衛生士は医療だけでなく、保健・福祉の分野からもニーズがあり、また他の医療職からも専門職としてのスキルを期待されており、幅広い就職・進学の進路があります。また、最も多い就職先である歯科医院も医院によって様々な特徴があります。
3年間で積み上げた知識と自分自身の適正をじっくりと見極めて夢と希望をもって進路を決定します。

IR・キャリアサポート室

卒業後の進路(就職・進学)に関する、相談窓口として、サポートしています。

進路(就職・進学)登録票

IR・キャリアサポート室では職業安定法第33条の2によって、学生への無料職業紹介事業を行っています。職業の紹介を希望する学生は、就職登録票の提出が必要です。就職登録票未提出の学生には職業の紹介ができません。

就職を希望する学生は、就職登録票を短期大学部事務室に必ず提出してください。未提出の場合は各種証明書(成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書等)の発行を一切行いません。

就職支援

  1. 求人票を受付、求人票の閲覧(紙と求人NAVI)と求人先の開拓及び情報収集を行っています。
  2. 就職に伴う各種証明書(有料)を発行しています(証明書発行機を利用してください)。
  3. その他就職に関する様々な質問・相談に応じています。

就職活動についての心構え

人生設計の第一歩である「就職」に対して、IR・キャリアサポート室を設け教育の一環として就職支援を行い、学生に適切な職業を選択できるよう法律に準拠し全学体制で取り組んでいます。本学は愛知学院大学歯学部を卒業した歯科医院をはじめ多くの歯科医院より例年多数の求人があり幅広く人材を送り出しています。本学で学び、禅的教養(建学の精神)を修めた人柄は歓迎され、信望と期待が寄せられ、就職状況は常に良好です。人生の本当の生き甲斐、やりたいことは何かを早めに見極め、積極的に就職活動を展開してください。

就職活動の手順

将来、歯科衛生士として活躍する場を探すにあたり、求人先と社会的なトラブルなく、スムーズに進めるためにも下記の手順にそって就職活動をすすめてください。なお、求人の検索は、インターネット(求人NAVI)からもできます。

就職活動の手順フロー

①「進路(就職・進学)登録票」を短期大学部事務室に提出
  • 日頃から就職については、家族とよく話し合いをする。
  • 進路(就職・進学)登録票については、就職ガイダンス時に作成する。
②「求人申込書」の中から求人先を選ぶ
  • 学校に届いている「求人申込書」の中から、一度見学をしてみたい求人先を選ぶ。
  • 遠隔地出身者は、求人申込書が少ないため早い時期から地元の求人情報をあたる。

※求人申込書は、紙とweb(求人NAVI)で閲覧ができる。
※インターネットでの求人検索(検索方法等は就職ガイダンスにて説明)

自宅から https://www2.kyujin-navi.com/gakugai 学内から http://www.kyujin-navi.com
③見学申し込み

希望者は、求人先へ見学の申し込みをする。

④見学実施

「見学のしおり」を参考に、実習衣を持参して見学をする。

⑤面接申し込み

希望者は、求人先へ試験の申し込みをする。

⑥書類作成
  • 各種証明書(成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書)は有料のため、求人票を確認し事前に準備する。
  • 「履歴書」は学校指定のものを使用する(写真を貼る)。
⑦面接
  • 「採用(内定)・不採用通知書」を一般歯科医院のみに持参する。
  • 「就職活動の手引き」等を参考にする。

※面接結果が出るまでは、次の申し込みはしない。

※但し見学の申込はできる。

⑧不採用の場合

②へ戻る

⑨採用の場合
  • 先方に御礼の連絡を入れ、今後の日程の打ち合わせをする。
  • 「進路届」「就職試験体験報告書」を短期大学部事務室に提出する。

※採用内定後、取消はできない。

就職内定後について

  • 先方と就業規則の確認、契約、採寸(予防衣、シューズ等)などを行う。
  • 就業開始時期は、原則として卒業後となりますが、事前研修の形で早期に行う場合は、出校日以外(歯科衛生士国家試験終了後数日してから)で日程を調整すること。

ページの先頭へ