令和元年度 卒業式について

令和2年2月26日

令和元年度 卒業生及び保護者の皆様

学校法人愛知学院理事長

山本 健善

愛知学院大学短期大学部学長

佐藤 悦成

 

愛知学院大学短期大学部は、新型コロナウイルスへの感染リスクが高まっていることから、卒業生及び保護者の皆様の安全を考慮し、3月17日(火曜日)に開催を予定しております学位記授与式・卒業式の開催並びに実施形態について検討をしております。

学位記授与式・卒業式について、現時点では式典規模を縮小して挙行を予定しておりますが、状況の変化に応じて、今後新たな対応を行う可能性があります。その場合は本ウェブサイト及びWebCampusに掲載しますので、最新の情報をご確認ください。


新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起

令和2年2月20日

学生ならびに教職員各位

愛知学院大学短期大学部

学長 佐藤 悦成

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起について(第2報)

 

中国で発生しました新型コロナウイルス感染症は、日本国内での感染も確認され、感染者数は日々増え続けています。教職員ならびに学生におきましては、以下の点に十分留意していただくとともに、「新型コロナウイルス感染症」に関する動向に引き続き注意してください。

1.現在発令されている、感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」の地域(中国湖北省及び中国浙江省温州市)への渡航は止めてください(注1)。

2.上記以外の中国の地域についても、現在感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」が発令されているため、不要不急の渡航はやめてください(注1)。

3.上記以外の国への渡航についても、「新型コロナウイルス感染症」に関する動向に注意し、慎重に判断してください。

4.過去14日以内に中国湖北省、浙江省に滞在したことがある方は、検疫官にその旨を申告してください(注2)。また、いかなる国からでも、海外からの帰国時には検疫に全面的に協力してください。

5.手洗いに心がけてください(外出先からの帰宅時、調理の前後、食事前など:石けんやアルコール消毒液を併用することが望ましい)。

6.咳エチケットを徹底してください(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)。

7.不要不急の外出は避け、やむを得ず多くの人が集まる場所への外出及びイベントや行事等に参加する場合は、咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけてください。

8.短期大学部から発信される情報に注意し、迅速に対応してください。

発熱等の風邪の症状が見られるときは外出を控え、毎日、体温測定して記録してください。さらに次の①又は②の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。

①風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)

②強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※基礎疾患等がある方は、①又は②の状態が2日程度続く場合

短期大学部のみならず、日本国内での感染拡大を防ぐためにも、ご協力をよろしくお願いします。

注1:新型コロナウイルス感染症が確認されている国及び地域は、下記のページを参照してください。

外務省 海外安全ホームページ https://www.anzen.mofa.go.jp/

注2:新型コロナウイルス感染症の情報は、下記のページを参照してください。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


新学長に引田 弘道・文学部教授(令和2年4月1日より)

令和2年1月29日に開催された学校法人愛知学院理事会において、引田弘道(ひきた・ひろみち)文学部教授を次期学長(愛知学院大学・愛知学院大学短期大学部)として選出しました。任期は令和2年4月1日から令和6年3月31日までの4年間です。


新型コロナウィルス関連肺炎に関する注意喚起について

中国で現在新型コロナウィルス関連の肺炎が発生しており、中国国外においても感染者が認められるなど、感染が拡大している状況が見られます。また、外務省海外安全ホームページ 感染症危険情報(2020年1月24日付)において、中国湖北省全域が「感染症危険レベル3」(渡航中止勧告)に引き上げられたことに伴い、同省への渡航は中止してください。なお、厚生労働省や外務省のホームページ等で常に最新の情報を確認するようにしてください。

1.情報収集について
(1)外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/
(2)外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
TEL(代表):03-3580-3311 内線 2902、2903


【学生対象】夕食セットのお知らせ(1/6~2/28)

2020年1月6日(月)~2月28日(金)の期間中、楠元キャンパス4号館1階カフェテリアで「夕食セット」の提供を行います。

詳細はこちらをご覧ください。


学術研究会主催講演会を開催しました(12/11)

2019年12月11日(水)、学術研究会主催の公開講演会を開催しました。
「口から食べ、心のケアへつなげる口腔のケアを目指して」
―40年の歳月を振り返って、そして近未来へ―
をテーマに講演していただきました。

全体で学生270名、一般28名の参加がありました。

<講演会の様子>

(全体の様子)               (左から高阪学長補佐、米山先生、稲垣教授)


薬学部・歯学部・短期大学部・歯科技工専門学校の合同IPEが行われました(11/20)

2019年11月20(金)、医療系の学部学科が複数設置されている本学の特色を活かした多職種連携教育(IPE:Interprofessional Education)として合同講義を行いました。
薬学部医療薬学科・歯学部歯学科・短期大学部歯科衛生学科・歯科技工専門学校の学生346名が参加し、グループに分かれ、議題の討論や発表を行いました。
医療現場において、それぞれの専門を生かしたチームワークが大切になっています。専門職としての能力以外に、基本的なコミュニケーション能力や専門性や個性が異なる相手に有効にアプローチする能力、連携のリーダーシップをとる能力など、必要とされる能力は様々です。今回は、患者シナリオに沿って、自職種及び多職種の役割を理解し、それぞれの専門性を高めるだけでなく、チーム医療の重要性を学びました。
参加した学生からは「他の学部の人が自分と違う視点でものを見てておもしろかった」「他学科との意見交換など貴重な経験ができた。」「多職種連携がいかに患者さんのQOLを向上させる近道になるかを実感した」などの意見が挙げられ、充実した講義となりました。

 


高等教育の修学支援新制度への本学の対応について

高等教育の修学支援新制度への本学の対応について
詳細をこちらよりご確認ください。


令和元年度 愛知学院大学短期大学部SD研修会を開催しました(11/12)

2019年11月12日(火)、令和元年度愛知学院大学短期大学部SD研修会を開催しました。
研修内容は「学校改革における教職協働の在り方」で、講師に学校法人滝川学園理事長・滝川 嘉彦 先生をお招きしました。

《SD研修会アンケート集計》
こちらよりアンケート集計結果をご覧いただけます。


登院式を執り行いました(11/2)

2019年11月2日(土)、第13回登院式を執り行いました。
登院式とは、臨床実習に臨む前に、歯科衛生士をめざすものとして職業に対する意識を高め、また、その責任の重さを自ら自覚するために一人ひとりに臨床実習を認め、登院証書を授与する式典です。

学長や来賓の方のご出席のもと、厳粛な雰囲気の中、執り行われました。

<式典の様子>


<式典後の様子>




ページの先頭へ