カテゴリー別アーカイブ: News

名古屋市千種生涯学習センターとの連携講座を愛知学院大学短期大学部が担当します

千種生涯学習センターが主催する今回(令和2年度後期)の市民講座【愛知学院大学連携講座】を、本学講師陣が担当します。
期間中、全5回開催する共通テーマは『お口とからだの健康のために』です。
歯科衛生士教育に関して国内有数の伝統と実績を誇る本学の講師陣が「お口の健康の大切さ」をみなさんにわかり易くお伝えします。

【日程・サブテーマ・担当講師】

 ① 11/17(火)17:30~19:00
   『歯やお口の健康は毎日の生活習慣から ~歯科衛生士に定期的にお口のケアをしてもらいましょう~』
   高阪 利美 教授(学長補佐・歯科衛生学科長)

 ② 11/24(火)17:30~19:00
   『歯やお口の健康を守るためには!』
   稲垣 幸司 教授(歯科衛生士リカレント研修センター所長)

 ③ 12/8(火)17:30~19:00
   『歯やお口の健康を脅かす危険因子とは!』
   稲垣 幸司 教授(歯科衛生士リカレント研修センター所長)

 ④ 12/15(火)17:30~19:00
   『オーラルフレイルを知っていますか? ~健口から健康へ~』
   相原 喜子 准教授

 ⑤ 12/22(火)17:30~19:00
   『歯やお口の健康を守り、からだやこころの健康づくり!』
   原山 裕子 講師

各講座とも定員25人・受講料1,500円です。

↓ お申込み方法などその他詳細およびお問合せ先は添付した資料をご確認ください。
 千種生涯学習センター令和2年度後期主催講座に関する資料(PDF)


歯科衛生士リカレント研修センター(DH/RTC) 2020年度 第1期研修生の募集状況について

 10月1日より募集を開始いたしました2020年度 第1期研修生の募集状況につきまして、現在たいへん多数の申し込み予約を頂いており、この地域の歯科衛生士に対するリカレント教育への期待の大きさに大変驚いているとともに、あらためて本学教職員一同、気を引き締めて開講の準備にあたっているところです。

 また、まことに恐縮ではございますが、現在、募集人員を超えての申し込み予約をいただいた方は、『キャンセル待ち』の状態とさせて頂いております。『キャンセル待ち』の方へは以下の対応とさせていただきますので、あらためてご了承いただきますようお願い申し上げます。

【 キャンセル待ちの方への対応 】
 申し込み予約が成立された方で、予約を辞退された方または所定の期間内に正式手続きを完了されなかった方が発生した場合は、予約受付番号の早い方から順番に当センターより連絡させていただきます。
 当センターからの連絡は、予約時に入力されたメールアドレスもしくは電話番号に連絡させていただきます。
 受講手続きを完了された方が定員に達した段階で、今期の募集を終了させていただきます。
 なお終了のご案内は当ウェブサイトにて周知させていただきますのでご了承ください。

【 次回の研修について 】
 今年度の研修は今期で終了となりますが、次年度につきましては更に回数を増やしての開催を予定しております。
 次年度の研修内容が決まり次第、当ウェブサイトでご案内させていただきます。

 以上について、引き続き宜しくお願いいたします。


歯科衛生士リカレント研修センター(DH/RTC) 2020年度第1期研修生の募集を開始しました

本学創立70周年記念事業/厚生労働省受託事業で設立された「歯科衛生士リカレント研修センター(DH/RTC)」が本日開設し、併せて「2020年度 復職支援・現役研修プログラム」第1期研修生の募集を開始いたしました。
また本日、愛知県歯科医師会館で開催されました「歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業に関するシンポジウム(愛知県歯科医師会主催)」において、本学の高阪学長補佐・教授が基調講演『中部地区における歯科衛生士教育の拠点としての役割』をおこない、当センターの運営についてもご紹介させていただきました。

「2020年度 復職支援・現役研修プログラム」の詳しい内容はウェブサイトでご確認ください。


10月1日(木) 歯科衛生士リカレント研修センター開設のお知らせ

愛知学院大学短期大学部では、創立70周年記念事業 VISION FOR 80 × SDGs PROJECT の一環として、離職中および新人・現役の歯科衛生士に対する社会人教育、生涯学習の場となる「歯科衛生士リカレント研修センター」を10月1日(木)に開設いたします。

当センターは厚生労働省が所管する令和2年度歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業により、全国で4事例目、中部地方では初めての事業実施団体として選定されました。

10月1日(木)より今年度の第1期研修生を募集します。
現在、専用ウェブサイトを準備しており近日中にオープンする予定ですので、それまで今しばらくお待ちください。

DH/RTC 報道発表 0924


建学の精神を掲示しました

本学の建学の精神を多くの人に理解していただくため、ガラス扉に建学の精神を掲示しました。


名誉教授号の授与について

向井 正視 殿(元愛知学院大学短期大学部教授・歯科衛生学科長)に愛知学院大学短期大学部名誉教授第1号を授与致しました。
向井名誉教授は平成18年歯科衛生学科設立と同時に歯科衛生学科長へ就任し、以来平成28年まで10年間にわたり、短期大学部の運営に多大な功績を残されました。

引田学長より名誉教授号が授与されました。

引田学長より名誉教授号が授与されました。


引田弘道学長(左)・向井正視名誉教授(右)

引田弘道学長(左)・向井正視名誉教授(右)


短期大学部が愛知県大村知事よりお礼状を頂きました

先日、新型コロナウイルス感染症対策用医療支援物資を愛知県へ寄贈させて頂いた件に対し、大村秀章知事よりお礼状を頂戴いたしました。

本学は、同感染症の一刻も早い終息と感染者の皆様の回復を心より祈念いたしますとともに、今後も引き続き社会のお役に立てる活動を継続して参ります。

医療支援物資お礼状はこちら


短期大学部 オンライン授業 検証・改善研修会(令和2年度第2回SD研修会)開催のご報告

令和2年5月28日(木)16:30より短大部棟201教室において短期大学部第2回SD研修を開催いたしました。
新型コロナウイルス対策として短期大学部がオンライン授業を運用開始してから1ヶ月を経過し、さらに教育効果の高いオンライン授業の運用を目指すため、「Teamsを利用したWordでのレポート提出」や「Formsを使ったクリッカーとしての応用法」など双方向授業を展開するための勉強会をおこないました。
短期大学部の全専任教員に歯学部兼担教員と教養部教員も加わり、大変有意義な研修会となりました。
(FD委員会委員長 新井通次教授)


中日新聞 6月2日付朝刊に本学稲垣幸司教授の記事が掲載されました

本学専任教員である稲垣幸司教授(歯周病学・禁煙学)のインタビュー記事が、中日新聞6月2日付朝刊に掲載されました。
記事の中で同教授は世界的なたばこの健康被害の状況を紹介するとともに、歯周病や虫歯だけでなく、がんや脳卒中などの喫煙リスクや禁煙指導について丁寧に説明しています。


短期大学部が新型コロナウイルス感染症対策用医療支援物資を愛知県へ寄贈しました

緊急事態宣言が解除された現在も、依然、感染流行の第二波が懸念される今後の状況に備えるため、愛知県と協議のうえ、ライオン㈱様、㈱モリタ様、クインテッセンス出版㈱様および愛知学院大学協賛のもと軽症隔離患者様向け医療支援物資を寄贈しました。
本学は愛知県内唯一の歯科衛生士を養成する短期大学として、口腔保健学の観点から新型コロナウイルス感染症に罹患した患者様における肺炎症状の重症化を予防するため、本学学長補佐(歯科衛生学科長)高阪利美教授と歯周病学・脱タバコ学を専門とする稲垣幸司教授が愛知県庁を訪問し、歯間清掃用具(使用方法ガイド含む)を中心とした口腔ケア用品一式と療養期間中にご使用になれる愛知学院大学オリジナルグッズを加えた医療支援物資50セットを、愛知県保健医療局医務部国民健康保険課長の大谷智様と同健康対策課総括専門員の宇佐美毅様お立会いのもと、愛知県へ引き渡しました。

本学といたしましては現在療養中の患者様の早期回復を心より祈念いたしますとともに、今後も愛知県をはじめとする各機関に対し積極的な協力をおこなって感染拡大防止に努めるよう、教職員学生一同、引き続き取り組んでまいります。

本学より患者様へ向けたメッセージはこちら




ページの先頭へ